お知らせ

information detail外壁工事の協力会社って何?

2019.05.20

外壁工事には、協力会社というものがありますが、この協力会社とはどういうことを言うのでしょうか。協力会社は名前の通り、外壁工事を請け負った企業の手が足りず、手伝いを依頼できる会社のことを言います。

外注とは違い、中間マージンを取ることなく、その企業の専属として作業を行うため、企業の意図する作業はもちろん、同じクオリティを保った作業が行われますが、外壁工事の下請けは、仕事を請け負うこととなるため、外壁工事を請け負った企業の意図するものとは全く別物として作業が行われます。

そのため、業者によっては技術的に未熟なものな場合があったり、手抜き工事と思われるようなものも中にはあり問題となることもあります。

一方、協力会社はもともとその企業にいた人が独立をしていたなど、関係性が深い人へ依頼することが多いため、信頼関係を大切にした丁寧な仕事をモットーとしているところがほとんどなので安心です。

このように外壁工事に定評のある規模の大きな企業は、どこも協力会社というものがそれぞれあり、こなしきれない依頼があった場合には心強い助っ人として参加し、作業が行われます。良い人材をきっちり育てている企業は、この協力会社の層が厚く良い仕事をしている企業として評判も高いです。