お知らせ

information detail外壁工事に従事するのに必要な資格

2022.08.19

外壁工事の仕事に従事するために必要となる資格は、いくつかありますが、資格がなければ外壁工事の業務に就くことができないということはありません。

外壁塗装工事を行うプロとしての実力を対外的に証明することのできる資格として、塗装技能士という国家資格があります。

塗装技能士には、3級、2級、1級そして特級の4つがあり、塗装に関する知識や技術がどの程度あるのかによって、種類を分けています。塗装技能士の取得では、一定期間の実務経験が必須となり、その実務経験がなければ受験することはできません。

塗装工事を行う現場で、しっかりと知識と技術を高めた後に受験が可能となるため、塗装技能士の資格取得者は、ただ資格を保持しているというだけではなく、知識と技術が高く、経験年数もある確かな技術者として証明された証としての役割も持っているのが特徴です。

塗装技能士の国家資格を取得しておくと、転職する際にも有利に働くことが多いので、受験資格を得ることができタイミングで取得する人も多いです。

塗装技能士の資格以外にも、足場の組立等作業主任者の資格を同時に取得する人も多くいます。

株式会社Neoでは、資格取得を目指すスタッフの支援も行っているので、塗装工事のプロとして成長していきたいという人にもおすすめの会社です。

 

 

お問合せはこちらから