お知らせ

information detail外壁工事に携わるうえで苦労することとは

2022.06.20

外壁工事に携わるうえで苦労することは、外壁という場所柄、常に作業は屋外、寒さや暑さなど常に天候が左右する仕事なので、体温調整など工事に直接関することではないものの、苦労を感じることが多いです。

また、雨や雪など天候状況によっては作業を中止せざる得ないこともあるため、納期に間に合わせるために、作業日ではない日に作業を行わなければならないことも少なくありません。

会社の意思や作業するスタッフ、自分の意思や思惑とは関係のない次元による影響は、外壁工事に携わるすべての人の苦労のひとつと言えます。

次に、体力が想像以上に必要となるため、体力的に自信のない人は苦労するようです。外壁工事に必要な材料の持ち運びや、足場を何度も往復することも多いですが、毎日何かしらの作業に従事しているうちに、自然と体力がつき、気が付いた時には、体力的に体がキツイと感じることもなくなっていくという人も多いです。

しかし、体力のあるなしに関わらず、外壁工事では体力が必要となるため、日々の体のメンテナンスは必要不可欠となっています。

外壁塗装工事の職人として対外的にその実力を示す方法として、資格取得があります。

外壁塗装の国家資格として取得できる資格は、塗装技能士という資格ですが、受験資格を得るために7年以上という実務経験が必須となるため、ある程度の知識や技術を身につけてもすぐに受験し、資格を取得することができないことに苦労を感じる人も少なくありません。

外壁塗装工事の仕事は、色々な面で苦労を感じることも少なくありませんが、その分多くのやりがいを感じる仕事でもあるので、興味のある方は一度お問合せください。

 

お問合せはこちらから