お知らせ

information detail外壁作業員が知っておきたい外壁のコーキング打ち替え、増し打ちって何?

2022.04.20

外壁工事の一環としてコーキング作業があります。
コーキング作業は外壁材の繋ぎ目を補修したり、接合する作業のことです。

そのコーキング作業には打ち替え作業と増し打ち作業があります。

打ち替え作業ですが、古いコーキング材をカッターなどで剥がし取り、きれいにした状態で新たなコーキング材を注入する方法です。

一方、増し打ち作業とは既存のコーキング材をそのまま残して新たなコーキング材を注入する方法です。

時間の経過と共にコーキング部分は硬化し、縮小していきます。
そのためサイディングボードの隙間に間ができるため、増し打ち作業でも対応できます。

どちらの方法が良いかですが、基本的には打ち替え作業を推奨します。
なぜなら、経年劣化で傷んだコーキング材は綺麗ではありませんし、腐食の恐れもあるからです。

はがしてキレイにして、新しいコーキング材だけにした方が接着性、密着性もアップします。

ただサッシ周りなど、剥がしにくい部分はあえて無理して剥がす必要はないでしょう。
既存のコーキング材がしっかりと固まっているならば、それだけでも十分安定性はあるので、あとは補充する増し打ち作業でも十分です。

場所や状態によってうまく使い分けていくのが主流です。

現在Neoでは外壁工事作業員を募集中です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから