お知らせ

information detail外壁工事に資格は必要なの?

2021.05.20

外壁工事を行う作業員に資格は必要なのでしょうか?

結論からいうと、必ずしも必要というわけではありません。
ただし、施工に携わる上で塗装工事業の許可取得が必要になりますし、外壁工事の内容によっては足場組立等作業主任者を置かなければいけません。

例えば、外壁を塗装するだけだったら特に責任者を置く必要はありませんが、外壁材のパネル交換やボード交換が必要になり、足場も組み立てて作業が必要という場合は責任者が必要です。

労働安全衛生法の規定により決められているので工事の規模にとらわれず必要となります。

足場組立等作業主任者は技能講習を受けることで資格を取得できます。
難しい資格ではないので、こういった資格取得をし、どの工事現場でも対応できるよう必ず1人は作業主任者を置いているケースが多いです。

外壁工事は鳶職人の方や塗装工の方が対応するケースが多いです。
そういった仕事自体は資格はあるものの、業務として行うときに資格がないと、できないというわけではないのでご安心ください。

外壁工事は清掃後、養生し、高圧洗浄などで汚れを落としてから塗装を行っていきます。
外壁ボードの取替え作業の場合は、下地材を丁寧に刷毛できれいにしてから接着していきます。
経験を経て資格取得を目指す方が多いです。

お問い合わせはこちらから