お知らせ

information detail外壁工事を行う目的とは?景観を保つ以外の効果も

2021.04.20

外壁工事を行う目的は景観を保つ以外のメリットもあります。
近年は防水性、断熱性、遮熱性に優れたものが登場しています。

防水性の高い外壁塗料には雨水を弾く性質があります。
また、太陽光の紫外線の影響を受けて、壁の色は変わってしまうような箇所には遮熱性、断熱性のある外壁材がお勧めです。
日光を反射すれば室内の温度上昇を防ぐことができます。

そして外壁工事は必ずしも部品交換だけでなく、カバー工法による施工も可能です。
既存の外壁材を撤去せず、新たな外壁材を取り付けることで、より一段と雨水や暴風に耐える強固な外壁を作り出すこともできます。

外壁材の腐食がみられず、特にその状態のままでも問題ない場合はカバー工法も有効です。
ただ、カバー工法はどんな外壁材でもできる対応法ではなく、金属系サイディングボードに多い修繕方法です。

このように外壁工事は景観を整えるだけでなく、防水性アップ、耐久性アップ、断熱性アップと様々な利点があります。

もし外壁の損傷が見られ、機能面のアップをお考えなら株式会社Neoにご相談ください。
今までより室内に与える影響を向上させることが可能です。
外壁材や塗料によって家の寿命を延ばすことができます。

お問い合わせはこちらから