お知らせ

information detail外壁の劣化は目視でチェック!業者に相談するタイミングとは?

2021.01.20

外壁は日々さまざまな外的要因(日光・紫外線・雨風)から建物を守ってくれています。そのため少なからず毎日劣化してしまっているのです。

そこで今回は外壁の劣化状況を把握するポイントを紹介します。興味がある方はぜひチェックしてみてください!

 

外壁の劣化状況は目視で確認することができます。以下具体的なチェック方法・ポイントを紹介していきますね。

・チョーキング

チョーキングとは外壁に付着した白い粉のことです。塗膜の樹脂が太陽光の紫外線や水により分解されることにより発生します。チョーキングが発生していたら危険度小です。

 

・浮きや剥がれ

外壁に浮きや剥がれまで劣化が進行してしまっていると、外壁を保護する機能がなくなっている状態です。浮きや剥がれがみられる場合には、危険度中です。

 

・サイディング外壁の反り

サイディングの反りが出てしまった場合には、外壁自体の防水性が低くなっている、かつ建物に水が浸入しやすくなっています。そのためできるだけ早い段階での工事が必要となります。

 

上記のように外壁の状態は目視で確認することができます。上記の症状が見られた場合には、できるだけ早いタイミングで外壁工事業者まで相談するようにしてくださいね!

 

関東地方の外壁工事・屋根工事、リフォーム、一般建築なら株式会社Neoにお任せください。
現在、一緒に働いて下さる方の求人を募集しております。未経験でも1からしっかりと指導致しますので、安心してください。
また、協力会社様も募集しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから