お知らせ

information detail金属系サイディングの特徴やメリットなど詳しく解説!

2020.10.20

今回は、外壁材の一つである「金属系サイディング」について紹介します。

外壁工事を検討されている方は、ぜひチェックしてみてください!

 

  • 金属系サイディングとは?

金属系サイディングとは、金属板を成形・加工して柄付けし、断熱材で裏打ちした外壁材です。

表面の金属板には、ガルバリウム鋼板やアルミニウム合金、ステンレス鋼板などが使用されます。

外壁材としては軽量であるため、モルタル外壁の重ね貼りにも使用されています。

 

  • 金属系サイディングのメリット・デメリット

金属系サイディングのメリットは、

・メンテナンス周期が長いこと

・水侵やひび割れ、凍害の心配がないこと

の2つが挙げられます。

 

一方金属系サイディングのデメリットは、

・コーキングの経年劣化が早いこと

・塩害、もらい錆、白錆などに注意しなければいけないことが挙げられます。

 

  • 金属系サイディングのメンテナンスを行うタイミング

金属系サイディングは、水浸やひび割れ、凍害の心配がないため、比較的メンテナンス周期は長いです。メンテナンスを行うタイミングは、コーキングの劣化や塩害、白錆などの症状が現れたときです。

 

 

株式会社Neoでは、横浜・川崎を中心に外壁工事や屋根工事を行っております。

現在、一緒に働いて下さる方の求人を募集しております。未経験でも歓迎致しますので、ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください!

ご連絡はこちらから