お知らせ

information detail外壁工事が必要かどうかは、職人が見ればすぐわかる

2020.07.20

新築住宅に住んでいる方は、家はまだまだメンテナンスは大丈夫!問題が出てからで大丈夫!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、外壁工事は問題が発生する前にメンテナンスを行うことに意味があることを知ってください。

外壁工事が本当に必要かどうかというのは、職人がお住まいの外壁を一周ぐるっと見れば、大体判断がつくものです。

例えば、外壁のクラックと呼ばれるヒビ割れや雨の後の壁のシミです。

外壁に亀裂が入っている状態や防水効果のあるシリコンが剥がれている状態だと、雨が降った時に、割れ目や隙間から水を含んでしまいます。

雨上がりに壁の色が変わっているなど実際にオーナーさんが変化に気がつくことができれば、業者に依頼をすることで対処できますが、細かいクラックがどれくらいあるのかなどは、職人がみることでより正確に判断することができるでしょう。

外壁の一部分が大きくシミになっている場合、すでに建物内部にも水が含まれている可能性があるので、こういった部分からカビや腐食が発生することで、建物の耐震性や健康被害などにもつながる可能性があるので、気をつけなければなりません。

現在株式会社Neoでは、関東一円の外壁工事や屋根工事を行うスタッフと協力会社様の求人募集を行っております。未経験でも大歓迎です!

お問い合わせはこちらから